2017年9月19日火曜日

マイクロ波化学の工場見学

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。9月15日(金)にマイクロ波化学株式会社(以下 マイクロ波化学)の工場見学(大阪市住之江区)に行ってきました。

当社は17年5月24日にマイクロ波化学と「創薬プロセスの技術革新に向けマイクロ波を用いた特殊ペプチド量産設備の共同開発がスタート」というニュースを発表しています。

マイクロ波化学は、電子レンジにも使用されているマイクロ波技術を用いて、医薬、電子材料、食品、燃料など幅広い分野の「製造プロセス」を変革することで、工場の省エネルギーや新素材開発に取り組んでいる阪大発ベンチャーです。

ちなみに我々が家庭やコンビニでお世話になっている電子レンジは2.45ギガヘルツ(1秒間に24億5000万回プラスとマイナスの電界が入れ替わる)のマイクロ波を照射する装置で、水分子が振動し発熱することで食材を加熱する仕組みとなっています。

通常の工場の製造プロセスは、反応炉(リアクター)を電気やガス、蒸気等を用いて外部から加熱するため、全体が加熱されるまで時間がかかり、外側と内側で温度差ができるため全体が均一に加熱できませんでした。これに対して、マイクロ波による加熱では水分子を直接振動させるので、内部から急速に均一に加熱できるため、加熱時間が短く、省エネルギーです。私が見学した工場では、新聞用インクの基礎原料である脂肪酸エステルの商業生産を行っていますが、従来の方式と比べ、エネルギー使用量が3分の1、加熱時間(化学反応にかかる時間)が10分の1、用地面積が5分の1で、煙突もなく、とても経済的で環境にやさしいシステムとなっています。

工場内の写真を撮ることを許可してもらいました。写真①がマイクロ波発振器です。安全のためにリアクターとは壁で仕切られています。

                                         写真①  マイクロ波発振器


写真②の導波管を通じてマイクロ波が壁の向こう側にあるリアクター内に届きます。

                                          写真② 導波管


写真③がリアクターです。リアクターの内側はいくつかに区切られており、それぞれの段階で反応させたい物質に適した条件になるよう調節されています。リアクターと一緒に写っている2人が工場内の案内をしてくれたマイクロ波化学の社員です。ありがとうございました。

                                          写真③ マイクロ波リアクター(反応炉)


工場見学のあとにマイクロ波化学の代表取締役CEOである吉野社長と面談しました。5月24日のニュースリリースに「昨年から、両社により実験室レベルで特殊ペプチド合成に最適なマイクロ波反応系の開発を実施してきましたが、これをさらに進めてマイクロ波合成装置の開発を行います。」と記載されています。この進捗状況を伺ったところ、順調に進んでいますよとの回答をいただきました。吉野社長からは、自分たちの技術で100年以上ものづくりの方法が変わっていない化学産業を変革するんだという強い想いが伝わってきました。業種は違いますが、当社と通じるものがあるなぁと話をしながら感じました。







2017年9月16日土曜日

個人投資家向け会社説明会

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。9月15日(金)にSMBC日興証券 大阪支店主催の個人投資家向け会社説明会に行ってきました。3社合同の説明会だったこともあるでしょうが約120名の投資家様が熱心に聴いてくださいました。

講演時間が質問を含めて50分と限られていたため質問は2人だけになりましたが、終了後に4人が窪田のもとへ質問に来られました。

今後も証券会社主催の個人投資家向け会社説明会に積極的に参加したいと思っています。演者が私の場合もありますが、47都道府県すべてでの実施を当面の目標としています。

2017年9月11日月曜日

完成披露パーティー2

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。9月8日(金)の15時から2回目の新本社・研究所完成披露パーティーを行いました。今回は提携及び共同研究を行っている企業や大学・研究機関とペプチスター関係者約100名をお招きしました。

1回目と違う点が2つあります。1つ目は、地元の福田紀彦・川崎市長がお祝いに駆けつけてくださり、参加者が聴き入る、とても魅力的なあいさつをしていただいたことです。今月末に川崎市殿町と羽田空港を結ぶ新しい橋の起工式を行うと紹介されました。

 
2つ目は、菅バンドの生演奏によるおもてなしです。当社のコア技術の生みの親である東京大学の菅(すが)裕明教授(当社の社外取締役)が、学生時代の同級生3人と組んでいるバンドで、正式なバンド名はHopeless Bandというそうですが、我々は菅(すが)バンドと呼んでいます。私自身、菅バンドの存在は菅教授と始めて会った2013年から知っていたのですが、生の演奏を聴くのは初めてでとても楽しみにしていました。今回は応援にプロのトランペット奏者(ふみえさん)が加わりました。


演奏は4曲。いつもラストソングにしているというDean Brown(ディーン・ブラウン)というギタリストの『Just do it』という曲では、曲の最後の「We don't have to talk about it. Just do it」を合唱して盛り上がりました。「グダグダ言わないで、すぐにやれ!」という意味です。

今回は薬を出すために一緒に活動している人たちが中心でしたので、1回目とは違う熱気と仲間意識を感じました。様々な研究開発が今回のパーティーを機会にさらに加速されるのではと思いました。

2017年9月1日金曜日

ペプチスター

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。本日、世界初の特殊ペプチドCMOであるペプチスター株式会社が予定通り設立されました。

ペプチスターのロゴに関して、8月7日の新会社設立に関する記者会見で窪田が「右肩上がりの3つの線がありますが、これは最先端の技術、それを強固なものにする知財、優秀な人材をあらわしています。右上の球は星をあらわしています(星の形にするとかっこ悪いので球にしたそうです)。この3つがそろうことで世界のスターを目指すということを意味しています。」と説明していました。

私は、日本企業がチームを組んで世界に最先端技術を発信していくというイメージでとらえています。


本日の会社設立時のメンバーの写真を入手しました。前列真ん中が代表取締役社長の窪田、その両脇に立っている澤田拓子さん(塩野義製薬株式会社 取締役上席執行役員)と今哲昭さん(積水メディカル株式会社 取締役専務執行役員)の2名が取締役だそうです。

ペプチスターの代表取締役としての窪田のコメントです。「各社からそれぞれの専門部門のスペシャリストが参加して、力強いスタートが切れました。」

2017年8月28日月曜日

エントランスのアート

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。新本社・研究所のエントランス(入口)には、ミラノ在住のアーティストである廣瀬智央(ひろせ さとし)さんの作品があります。

ステンレススチールのたくさんの球からなり、浮遊しているように見えることから新しいものがどんどん湧きあがり、無限のひろがり、拡散するイメージとなっています。また、ピカピカに磨かれた球体は、空間全体を映し出し、見る角度を変えれば見え方が変わります。視点を変えることで新たな発見が生まれることも意味しています。廣瀬さんはこの作品名を「PDPS -Project・Discovery・Passage・String-」と名付けています。

実は新本社の建物には庭を含めて廣瀬さんの作品が18点設置されています。このエントランスの作品から建物の内外に拡散するというイメージのようです。建築空間全体がひとつの作品となっているものをインスタレーション(Installation)といいますが、当社の新本社もインスタレーションとなっています。

私は8月21日の竣工式で廣瀬さんと話をし、作品を案内してもらう機会を得ました。廣瀬さんが作品に込めた思いのように、この建物から国内外に対して新しいタイプの薬をどんどん生み出していけるように頑張りたい思っています。















PDPS,2017
Installation view at PeptiDream Inc.,Tokyo.
Art produce:TAK PROPERTY INC.Design&Art Division
Courtesy Tomio Koyama Gallary,Tokyo
©2017 Satoshi Hirose All Rights Reserved.

2017年8月23日水曜日

新たな布陣

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。8月22日開催した取締役会において代表取締役社長の窪田が代表取締役会長、常務取締役のパトリックが代表取締役社長になる異動を内定しました(正式決定は9月27日開催予定の株主総会後です)。

驚かれた方が大半だと思います。16時30分のニュースリリース後にアナリストやマスコミからなぜこのタイミングなのか、リード・パトリックとはどのような人物なのかとの問い合わせが多数きました。その質問に対して私が答えた内容を紹介します。

2017年に入り、当社にとって2つの大きなイベントがありました。1つ目は、川崎・殿町に新本社・研究所が完成し、7月に稼働を開始したことです。これまで事業拡大の制約となっていた研究スペースの問題が解決し、研究開発部の人材の積極採用等により、スピード感をもって事業拡大にのぞめるようになりました。

2つ目は、特殊ペプチドCMO「ペプチスター株式会社」の設立を決定したことです。当社の「成長戦略 第3章」の目標である「特殊ペプチド医薬品を医薬品の主流にする」ことを成し遂げるためには、当社の提携先企業が安心して研究開発を進めることができる環境を提供することが必要であり、そのためには特殊ペプチド原薬の安定した大量生産体制を構築することが不可欠となります。

当社の将来を左右するともいえる2大イベントを今後のさらなる成長へ的確につなげることが今回の人事の主要目的です。

社長の窪田は、当社のビジネスモデルを構築し、会社の立ち上げから安定した黒字体質の構築に経営手腕を発揮してまいりました。“新たな会社を立ち上げ、経営を軌道に乗せ、早期黒字へと導く能力”をペプチスター株式会社でも発揮してもらおうと、窪田は9月1日に設立予定のペプチスター株式会社の代表取締役社長に就任する予定です。1日7~8件の投資家向けIRをこなす超人的体力を持った窪田ですが、さすがに現在の体制のままでさらに新会社の代表取締役の仕事を上乗せすることは負担が重すぎると思います。そこで、当社については代表取締役会長として、当社の経営全般の推進・監督、後進の育成に注力してもらう体制としました(楽隠居するわけではありません)。

一方、当社にとって当面の最大の課題は、新しい研究所を最大限活用することですから当社の研究開発部をリードしてきたパトリックが窪田の後任にふさわしいと考えられます。研究者に企業経営ができるのかと心配されるかもしれませんが、パトリックは米国ダートマス医科大学でバイオケミストリーの博士号を取得したのちに、米国ダートマス大学でビジネストレーニングも受けています。実際にパトリックは当社で海外のビジネス案件を取り仕切ってきました。取締役会で提携先企業でのプロジェクトの進捗報告を行うのがパトリックの役割であり、当社の提携先企業及び提携先予備軍の状況を最も詳しく把握している人物です。パトリックの肩書に代表取締役がつくことで企業との交渉がこれまで以上にスムーズにいくことが予想されます。

代表取締役社長に内定したパトリックに「新社長として何がしたいか、または経営のキーワードを英語でもいいから教えて」と質問したところ、「薬を出すこと。ペプチドリームの最初の10年は基礎作りであり、ペプチドリームの評判を高めるための10年間だった。これは出来て、世界でペプチドリームの評判は高いです。次の10年は実際に薬を出すこと、世界中の人々に薬を届けることが僕のやることね」との答えが日本語で返ってきました。

私は思わず「リックさん、すごいね」と言ってしまいました。

このIR広報ブログで7月3日が当社の設立11周年ですと紹介しました。パトリックはこれまでの10年間とこれからの10年間を分けて考えていました。パトリックの当社入社は2007年1月となっていますが、実際は入社する前から菅教授に頼まれて当社の仕事を手伝っていましたからパトリックは社内では創業メンバーといった存在です。窪田と菅教授の2人が、『たった一人でも良い。病気で苦しんでいる方に「ありがとう」と言ってもらえる仕事がしたい。』という夢で創業した精神をしっかり受け止めているからこそ、とっさの質問の答えに、当社の目的・使命であり夢である「薬を届けること」との答えが出てくるのだと思います。

私はバイオのアナリストとして18年間、国内外の主要バイオベンチャーをずっと見てきました。たいていの会社は2代目の社長をビッグファーマの研究開発担当者からリクルートし、その人物が大手製薬会社での体験を振りかざして、その会社のもつ企業カルチャーやビジネスモデルに合わずに失敗しています。

当社の2代目社長が外国人だというので心配される方がおられるかもしれませんが、パトリックは当社の創業時に東京大学の倉庫から机といすをもらってきて会社をスタートさせ、ペプチドに対する偏見が蔓延していた時代からコツコツと国内外の製薬企業へPDPSの有用性を伝え、提携先企業を積み上げてきた創業時を知る中心人物です。来日時にはまったく話せなかった日本語も当社の社員とのコミュニケーションをしっかりとるために努力して勉強して流暢とまでは言えませんが、日本語で会話ができるようになっています。

昨日、ニュースリリースの直前に川崎の本社・研究所にいた社員すべてにホールに集まってもらい、窪田から今回の異動を報告しました。狼狽する者もおらず、多くの社員が当然の人事と受け止めた様子でした。パトリックのあいさつの後に、全員が拍手しました。

当社は新たな布陣で「特殊ペプチド医薬品を医薬品の主流にする」ことにまい進してまいりますので、今後も応援よろしくお願いいたします。




2017年8月21日月曜日

完成披露パーティー

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。本日21日は大安であり、15時から新本社・研究所完成披露パーティーを行いました。当社ホールの収容人数の関係で、2回に分けて行う計画にしており、1回目の今回は金融関係と実際に建設に携わった業者関係者をお招きしました(9月にもう1回、提携先企業を招いて行う計画です)。約90名が川崎市殿町まで足を運んでいただきました。

まず、ホールで社長の窪田が約5分のあいさつを行い、続いて取締役研究開発部長の舛屋から約20分の研究所紹介を行いました。大人数でもあり、実際に研究所内の施設を見て回ることはせずに、写真を用いての施設説明(バーチャルラボツアー)とさせていただきました。



その後はホール出入り口近くのホワイエ空間とテラスを用いて懇親会に移りました。17時に常務取締役(研究開発部担当)のパトリックがお礼のあいさつを行い、終了としました。

当社からは菅教授を除く役員が参加し、私も参加していただいたみなさまとずっと話をしてました。各方面の方々に当社は支えられているのだなと改めて感じました。参加された多くの方が、最後まで残っておられ、一体感が生まれた実り多い懇親の場になったと思います。帰り際に多くの方が笑顔だったのが印象的です。

おみやげはペプチドリームのロゴ入りのどら焼きにしました。